MENU

TOPへ戻る

看護学校についてABOUT

学校長・教員あいさつ・教育目的 MESSAGE

学校長ご挨拶

患者さまの心に寄り添うプロフェッショナルの看護師に

徳島県鳴門病院附属看護専門学校
学校長 邉見 達彦

本校は昭和29年に創立され70年近い歴史を持ちます。平成25年には徳島県鳴門病院附属看護専門学校と名称を変更しました。

最近のわが国の医療は、高度先進医療導入に伴い医療技術も高度化しています。一方、少子高齢化が著しく、医療現場でも在院日数の短縮や在宅医療患者の増加、介護施設への入居者が増加しています。このような状況において看護師の役割は質、量ともにますます拡大し増加しています。

本校を目指す皆さまには入学後、深い医学的知識と確かな看護技術習得に加え、生命への尊厳と、疾病に苦しむ患者さまの心に寄り添う優しい気持ちを育み、プロフェッショナルの看護師になっていただきたいと思います。本校のスタッフもそのような方針で育成に努めます。
最新の医療知識と看護技術を通して患者さまの医療に貢献するのみならず、次の時代の保健、医療、福祉を担う人材になっていただきたいというのが私たちの願いです。

広く奥深い医療・看護の道へ向かって希望あふれる皆さまをお待ちしています。
看護師になりたい!という崇高な精神の皆さま。挑戦してください。一緒に学びましょう。

教員ご挨拶

教職員一丸となって寄り添いサポート

徳島県鳴門病院附属看護専門学校
副校長 今崎 順子

本校は、地域住民の皆様に求められる看護学校として、開設以来1,800人近い優秀な看護師を輩出してきました。

病院に隣接した3年課程の附属看護専門学校として、院内の医療最前線にいる講師陣から、講義や実習をとおし多くの知識・技術が学べ、質の高い充実した看護ケアを展開しています。

そのような本校の教育体制は、看護学生の皆様にきっと満足して頂けることでしょう。生活面においては学生寮が完備し、自律した生活が送れます。共に励まし合いながら同じ夢に向けて過ごした友人は一生の宝です。

あなたの大切な3年間をこの鳴門で過ごすことで「来て良かった!!」と言っていただけるよう、教職員一丸となって寄り添いサポートいたします。今だからこそ、この誇り高き『看護師』という職を目指し、そしてなりたい自分に向けて一歩一歩私たちと前進していきましょう。

希望に満ち溢れた3年間が始まります。そして、楽しみはまだまだこれからです。

多様な対象に多様な方と多様な場で看護が実践できる基礎的能力の育成

令和4年度より新カリキュラムが開始となりました。

本校の新カリキュラムでは教育理念、教育目標に基づき、多様な対象に多様な方と多様な場で看護が実践できる基礎的能力の育成を目指しています。そのために、「主体的学習能力」「課題解決能力」「パートナーシップ」「地域医療連携能力」「倫理・専門的態度」「メンバーシップ・リーダーシップ」 を軸としてカリキュラムを構築しております。

また、これからの時代を担う看護者育成のために“活躍する場の多様化”に対してだけでなく“自分らしく生き生きと働き続けることができる”ことを目指した授業科目やキャリアデザインの支援もしていきます。

皆さんの目指す看護師に向かって、共にがんばりましょう。  

                     

徳島県鳴門病院附属看護専門学校
 教務部長 奥谷恵子

「自分らしい生活」を支える地域・在宅看護

徳島県鳴門病院附属看護専門学校
教員 内田 静香

高齢化が進む中、住み慣れた地域で自分らしく療養できるように、在宅医療や介護ケアが推進されており、そのニーズは今後も高くなると考えられます。地域・在宅看護論での看護の対象は「地域で暮らす、すべての人々」であり、暮らしの中で「生きること」を支えるという、看護の基本を学んでいきます。

地域・在宅看護論では、地域で生活する人々が「自分らしい生活を続けていくこと」が最大の目標です。療養者を「患者さん」としてではなく、自宅で療養している一人の「生活者」として、疾患だけではなく、対象者とその家族の考え方、生き方を総合的に看て、望む生活の実現に向け、一人ひとりの個別性を総合的に捉えた看護実践を目指しています。

在宅療養を見越した看護の提供、在宅での療養継続支援に向けた看護の提供ができるよう、地域での看護をより身近に感じ、その奥深さ、そして、楽しさを知ってもらうためのサポートをしていきたいと思います。地域で暮らす方々が、
「ときどき入院、ほぼ在宅」で自分らしく生活を送ることができるように一緒に
地域・在宅看護を学んでいきましょう!

教育理念

本校は地域住民の健康の担い手として、人々が身体的、精神的、社会的に能力を最大限に発揮し、
その人らしく社会生活が営めるよう支援できる看護の実践者を育成する。

教育目的

看護師として、必要な基礎的知識、技術、態度を習得し、保健・医療・福祉の向上と地域社会に貢献できる有能な人材を育成する

 

・アドミッション・ポリシー(入学者の受け入れ方針)

  • 看護師になりたいという意志がある人
  • 学習習慣が身に付いていて、主体的に学び続けられる人
  • 看護を学ぶ基礎学力とこれまでの経験を基に、広い視野と向上心を持てる人
  • 人に関心をもち、他者と協調して人間関係を構築できる人
  • マナーやルールを守り、挨拶ができ、責任ある行動がとれる人

・ディプロマ・ポリシー(卒業認定、専門士授与の方針)

  • 豊かな感性を養い、創造性を高めることができる。
  • 対象を身体的、精神的、社会的側面から統一体として捉え、科学的根拠に基づいた看護が
    実践できる
  • 対象の健康上の問題について看護チーム間での調整の役割がとれる
  • 自己の看護観を明確にし、専門職業人として倫理に基づいた行動がとれる
  • 環境の変化や社会の動向に関心をもち、国際的視野に立って活躍できる基盤をもつ
  • 保健・医療・福祉チームにおける看護の機能、役割を認識し地域住民の福祉の向上と生活の
    安定にむけて活躍できる

・カリキュラム・ポリシー(教育課程編成、実施の方針)

  • 看護の対象である人間を総合的に理解でき、尊重する態度を身につける
  • あらゆる健康レベルの対象や発達段階にある対象が快適な生活ができるよう、科学的思考を用いて看護が実践できる
  • 保健・医療・福祉におけるチームの一員として、看護の役割を果たすことができる
  • 専門職業人としての自覚を持ち、常に自己研鑽する態度を身につける
  • 人間愛を基盤にした調和のとれた幅広い人間性を身につける
  • 教育理念に基づき、地域住民の福祉の向上に寄与できる

 

教育内容及び単位数