MENU

TOPへ戻る

キャンパスライフ CAMPUSLIFE

写真で見るキャンパスライフ PHOTO GALLERY

紹介写真

入学式

 令和4年4月7日に、第12期生の入学式が行われ、新入生32名は看護職への希望を胸に、新たな一歩を踏み出しました。飯泉県知事から告辞をいただき、邉見学校長から「安全で安心、かつ親切なサービスを提供できる看護師となってくれることを願っております。」と大きなエールが送られました。また、森理事長より新入生の代表に花束が贈呈され、あたたかい励ましのお言葉をいただきました。

校内防災訓練

 講義中に地震が発生したという想定で、訓練を実施しました。迅速で的確な避難行動をとることができるとともに、災害発生時の避難経路、避難場所の確認も行いました。防災に関する知識についても身に付けることができました。今年度は、徳島県鳴門病院院内保育所とともに訓練を行い、より学びの大きい訓練になりました。

ナイチンゲール祭

5月12日のナイチンゲールの生誕を記念し、毎年「看護週間」を制定しています。数年前までは、看護学生が患者様の健康を願い、心を込めてメッセージカードを作成してお渡ししていました。また、徳島県鳴門病院の玄関ホールで、歌や踊りを披露していました。
2022年度は、学校生活の一場面を知っていただけるよう、ポスターを作成し徳島県鳴門病院のホールに掲示していただきました。

鳴門探検

入学後、1か月後の5月、『人間関係論Ⅱ 鳴門探検』が行われました。
目的は、①豊かな感性を培うとともに「鳴門」地域への理解を深める。②集団行動を通し協調性を身につける。③学生間、学生と教務間の親睦を深め、今後の学校生活に役立てる。です。鳴門市にある大塚国際美術館でクラス全員、教員とともに一日過ごしました。さまざまな経験を得ることができ、今後につながる学びとなりました。
-学生の意見-
「これから3年間、同じ目標に向かって勉強を頑張る皆がこの32名で良かったと改めて思い、皆と励まし合って笑顔で頑張れるのではないかと感じることができた。」
「美術作品に対しての印象や感想が個々によって違い、それには、これまでの経験や環境が大きく関係していることに気づいた。このような学びを今後のコミュニケーション技術に活かしたい。」
「グループメンバーとの関わりの中に協調性があったことに気づき、看護師を目指す者として医療の現場における患者やその家族、多職種の医療従事者とのコミュニケーション効力を高め、良好な人間関係を築いていくことが重要だと考えた。」

鳴門市チャレンジデー

令和4年5月25日に鳴門市チャレンジデーに参加しました。
チャレンジデーとは毎年5月に世界中で開催されている、住民総参加型のスポーツイベントです。看護学校の全学年でラジオ体操を行うことで、心身のリフレッシュや健康づくり増進のために身体を動かことができました。

国際交流 特別講演

一年生の講義科目に哲学があります。哲学の講義の中で、今年度は鳴門市国際交流員のダリオ・シュトライヒさんが来校され、ドイツの生活や言葉、看護について、ご講演をしてくださいました。活発な質疑応答を通して、学びを深め、ドイツの文化に触れる素晴らしい時間となりました。

事例研究発表会

令和4年7月19日・20日・21日に、3年生(第10期生)の校内における事例研究発表会を行いました。2年生の看護研究の講義を基盤に、臨地実習で担当させていただいた対象事例の看護について、学生各々が研究的視点で深く掘り下げました。「なぜそのような現象が起きているのか」、常に疑問をもち学び続けることの重要性を認識しました。

ホームカミングデイ

-第9期生の皆さん、母校へようこそ、お帰りなさい♪-
7月22日に、ホームカミングディ(卒業生の集い)を開催しました。新人看護師20名が、卒業後4ヶ月を経て母校に帰ってきてくれました。卒業生同士久しぶりに再会し、近況報告を行い笑顔があふれました。
在校生にとっては卒業生との貴重な交流の場となり、看護師国家試験・就職についての情報交換を行いました。両者にとって明日への力となる有意義な時間となりました。