徳島県鳴門病院

MENU

TOPへ戻る

MESSAGES

それぞれのライフスタイルの
実現を目指して

MESSAGE

看護局長 喜来浩美

めまぐるしく変化する昨今の医療情勢の中、
時代の流れや制度に順応した
専門職のあり方が求められています。

看護局長 喜来浩美

当院は、地域医療支援病院として、この地域になくてはならない存在を目指しています。
そのためには、看護の質向上に向けて、看護職員一人ひとりが専門職としての倫理観に基づき、実践能力を高めることが必要です。
当院の新人看護職員教育においては、2009年度より新卒看護職員卒後臨床研修に取り組んできた実績があります。
各部署に複数名の教育担当者を配置し、『病院全体で新人を育てる』という考えのもと、看護実践能力の向上に努めています。
看護局の理念は、『私たちは患者さまに最善の看護ケアを提供します』というもの。目の前の患者さんと真摯に向き合い、どのようなケアを提供すべきかを常に考え、実践することが『最善の看護ケア』であると私たちは考えます。
看護職は患者さんに最も身近な医療専門職として、「医療」と「生活」両方の視点からアセスメントし、尊厳を持ってその人らしく生活できるよう支える存在でありたいと思います。
共に活動できる仲間として、『看護』に熱い想いを持つ皆さまをお待ちしております。
看護師座談会
徳島県鳴門病院で働く魅力に迫る、
看護師たちのホンネトーク!
メンバー
  • N・Y

    1年目
    男性ナース

  • K・M

    1年目
    女性ナース

  • H・Y

    5年目
    プリセプター

  • F・M

    5年目
    プリセプター

  • O・S

    17年目
    新人教育担当

  • N・I

    看護師長

  • H・K

    新人教育責任者


入職した理由

やりがいをもって活き活きと働く看護師の姿に大きく惹かれました。

入職した理由
K・M(1年目・女性ナース)
私は鳴門病院の附属看護学校出身ではないのですが、就職合同説明会のブースで鳴門病院のことを聞いたとき、明るく笑顔で語る看護師さんたちの姿を見て入職を決めました。
H・K(新人教育責任者)
当院には附属の看護学校だけではなく、他の看護学校や大学出身者も多く入職しています。出身学校、男女、年齢に関係なく、誰にとっても働きやすい環境となっています。
H・Y(5年目・プリセプター)
私は鳴門病院で生まれ、鳴門市で育ちました。生まれ育った地元に恩返ししたいという思いがあったこと、また他病院にも見学に行きましたが、当院の雰囲気が一番良かったことも、ここに入職を決めた理由です。
N・Y(1年目・男性ナース)
僕も雰囲気の良さに大きく惹かれました。見学したとき、看護師のみなさんの笑顔が多くて、ここでならやりがいをもって働けると思い入職しました。

勤務環境と職場の雰囲気について

積極的なコミュニケーションによる明るい雰囲気のなか、
すぐ馴染むことができ、仕事がしやすい環境です。

勤務環境と職場の雰囲気について
N・Y(1年目・男性ナース)
わからないことがあれば先輩方は忙しいなかでも時間をつくって教えてくださいますし、積極的に声を掛けてくださるので安心して仕事をすることができます。
K・M(1年目・女性ナース)
雰囲気はすごくいいですよね。入職したばかりの頃はわからないことだらけで、不安も大きかったのですが、みなさんがどんどん話しかけてくださったおかげで業務や職場環境に早く馴染むことができました。
O・S(17年目・新人教育担当)
私たちが常に心がけているのは、積極的なコミュニケーションと働きやすい明るい雰囲気づくりです。1年目の方たちも職場に早く溶け込むことができ、とても働きやすい環境だと思います。

看護局の特徴

どこにも負けない雰囲気の良さが自慢。
意見を言いやすく、やりがいをもって働くことができます。

看護局の特徴
H・K(新人教育責任者)
看護局では、「私たちは患者さまに最善の看護ケアを提供します」の理念のもと、「気付き」「自ら考える力」を身に付け、“豊かな感性”を持って看護を提供することができるよう努めています。日々、成長を実感しながらやりがいをもって働くことができますし、明るい雰囲気も自慢です。
F・M(5年目・プリセプター)
雰囲気がとてもよく、スタッフが意見を言いやすいのも大きな特徴だと思います。
N・I(看護師長)
スタッフからの意見をしっかり吸い上げ、管理者まで届く環境です。
O・S(17年目・新人教育担当)
看護局の大きな特徴の一つは、どこにも負けない雰囲気の良さだと思います。新しく入った方が馴染みやすいことはもちろん、復職しやすいことも特徴で、長く働くことができる病院だと感じています。

教育体制とキャリアアップについて

プリセプターシップ体制や「振り返りシート」などにより、着実に成長できる教育体制。
個々が目指すキャリアアップに向けたサポート体制も充実しています。

教育体制とキャリアアップについて
H・Y(5年目・プリセプター)
当院では新人看護師に、年齢が近い先輩看護師が付いて指導を行うプリセプターシップ体制を採用しています。プリセプターは新人看護師の相談役も担い、入職して初めの一週間はプリセプターとマンツーマンで研修を行いますので、安心して業務に入ることができます。
F・M(5年目・プリセプター)
私はプリセプターをしていますが、教えるにはそれだけの勉強と的確な伝え方や言葉づかいも必要ですし、教える側も共に成長することができる環境がいいですよね。
O・S(17年目・新人教育担当)
それと、個々の目標や成長に合わせた的確な指導を行うため、「振り返りシート」を活用していることも特徴です。新人看護師のみなさんは経験したことを「振り返りシート」に記入することで、気付く力や考える力を身に付けることができ、日々の着実な成長へとつなげることができます。
H・K(新人教育責任者)
キャリアアップについては、一人ひとりのキャリアプランを把握し、スペシャリストかジェネラリストか、また、認定看護師や専門看護師などの資格取得など、個々の希望や目標に合わせたサポート体制もしっかりしています。自分らしさを大切にしながら、目標に向かって大きく成長できる環境を用意しています。

休日の過ごし方

長期休暇の取得も可能。仕事の充実が休日の充実にもつながっています。

休日の過ごし方
N・Y(1年目・男性ナース)
部屋で過ごすことが多かったのですが、最近カメラを始めました。仕事が充実しているからなのか、趣味も充実してきましたね。
K・M(1年目・女性ナース)
私は趣味の阿波踊りをしています。仲間たちと踊るのは楽しいですし、ストレス発散にもなります。
H・Y(5年目・プリセプター)
連休もしっかりあるので、私は泊りの旅行にもよく出かけています。
N・I(看護師長)
当院では連休もしっかり取ることができます。長期休暇の希望があれば調整をします。夏休みなどを利用すれば5連休も可能で、長期の旅行に行くこともできます。

看護学生のみなさんへメッセージ

柔軟性と前向きな考え方さえあれば大丈夫。共に看護師として大きく成長していきましょう。

看護学生のみなさんへメッセージ
N・Y(1年目・男性ナース)
当院はみなさん優しくて明るく、働くことで元気が出る環境です。こうした素晴らしい環境で共に働けることを楽しみにしています。
H・Y(5年目・プリセプター)
当院は雰囲気も素晴らしいですが、たとえば整形外科における「手の外科センター」など、各分野で専門性の高い医療を提供しているため優れた先生方が多く在籍しており、高い知識や技術を学ぶことができるのも大きな魅力です。
N・I(看護師長)
臨床での経験を通してコミュニケーションを大切にできる方、柔軟性のある方を歓迎します。看護師として大きく成長できることを約束します。
H・K(新人教育責任者)
常に前向きな考え方ができる方、自分の行動を変えようと努力できる方、新しい可能性を広げたい方にとって当院は素晴らしい環境です。共に看護局を盛り上げていきましょう。