徳島県鳴門病院

MENU

TOPへ戻る
教育体制と目標

教育理念

病院理念、看護局理念に基づいた、質の高い看護ケアを安全に実践できる自立した看護師を育成する。

教育目標

  • 根拠に基づいた看護ケアを安全に実践できる看護師を育成する
  • 専門的知識と技術を統合し、臨床判断力に優れた看護師を育成する
  • 豊かな感性と看護者としての倫理観に基づいた行動がとれる看護師を育成する
  • コミュニケーション能力を高め、患者・家族・医療チーム内の人間関係を築き、調整を図ることができる看護師を育成する
  • 専門職として自己研鑽できる看護師を育成する

新人看護職員教育

目的

教育プログラムに基づいた研修を行うことにより、新卒看護職員が安心で安全な看護ケアを提供するための臨床実践能力を習得する。

研修対象者

免許取得後に初めて就労する新人看護職員(看護師・助産師・保健師)

期間

1年間

研修方法

1) 集合教育
4月は週1回、5月以降は月1回行い、新人看護職員が定期的に交流できる場を設ける。

2021年度 研修プログラム
時期 研修内容
4月 電子カルテ(看護記録)、接遇、感染管理、薬剤管理・リスク、無菌操作、注射、採血、吸引、移床・移動、褥瘡ケア・体位変換、正しいオムツの当て方、フォローアップ研修(1回目)
5月 輸液ポンプ・シリンジポンプ、褥瘡ケア、医療ガスの取扱い、医療安全、中心静脈カテーテル管理、輸血、フォローアップ研修(2回目)
6月 尿道留置カテーテル、BLS
7月 口腔ケア、嚥下リハビリ、低栄養管理、コミュニケーションスキル(基礎)、フォローアップ研修(3回目)
8月 呼吸ケア、災害看護、酸素療法
9月 酸素療法、人工呼吸器看護、人工呼吸器の構造・組立、フォローアップ研修(4回目)
10月 静脈路確保、エンゼルケア
11月 コミュニケーションスキル(応用)
12月 化学療法(基礎)、CVポート管理
2月 フォローアップ研修(5回目)、心に残った看護体験(発表)
※看護協会で実施される新人レベル研修にも参加します。その他、外部研修受講のための支援もあります。
2) 部署内教育
  • 1.医療チームの中で、多重課題を抱えながら複数の患者を受け持ち、決められた時間内で優先度を判断し、安全に看護を提供するために必要な知識・技術・態度に焦点を当てた指導を行う。
  • 2.日々の研修の中に、看護実践の振り返りや日常生活リズムの把握など、精神的支援の方策を含む。
  • 3.技術習得は、講義⇒演習・シミュレーション⇒臨床現場で実践の順に、段階的に行う。

3) ローテーション研修
ICU 2週間、手術室 1週間、他病棟 2週間のローテーション研修を行う。

研修評価

新卒看護職員基本技術の到達目標(105項目)について、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年で、自己評価・指導者評価を行う。

研修修了の認定

以下の要件を満たす者について、修了認定し、修了証書を授与する。
  • ①1年間の実務経験があり、部署内教育を受けている者
  • ②1年間の教育計画(集合教育・ローテーション研修含む)を受けている者
  • ③新卒看護職員基本技術の到達目標の指導者評価において 「Ⅰ:できた」「Ⅱ:指導の下にできた」 の項目が概ね80%以上である者
当院では、認定看護師教育課程や専任教員養成等、長期研修をはじめとして、キャリアアップ支援体制を強化しています。