徳島県鳴門病院


MENU

TOPへ戻る
未来を切り開く君たちへ

MESSAGES

未来を切り開く君たちへ

初期研修医座談会
鳴門病院の研修医になることは、
こんなにもスバラシイ!

初期研修医3名に、鳴門病院の特徴や魅力を語ってもらいました。
医師人生のスタートに最適な鳴門病院、
その数々の魅力ポイントを紹介します。

メンバー
  • T

    初期研修2年目
    (香川県出身・徳島大学卒)

  • I

    初期研修1年目
    (徳島県出身・徳島大学卒)

  • D

    初期研修1年目
    (高知県出身・徳島大学卒)


鳴門病院を初期研修先に選んだ理由

少人数制で、一人ひとりに手厚い教育環境。
実践的な研修ができ、
雰囲気の良さにも惹かれ当院を選びました。

鳴門病院を初期研修先に選んだ理由
T初期研修2年目(香川県出身・徳島大学卒)
わたしは、大規模病院から小規模までいろんな病院に実習や見学に行きましたが、そのなかで鳴門病院は先生方が穏やかで雰囲気が一番良く、働きやすい病院だと感じたこと。それに、救急医療が充実しており、小人数制で症例を豊富に経験できるなど、実践的な研修ができる病院ということで当院を研修先に選びました。
D初期研修1年目(高知県出身・徳島大学卒)
僕は研修病院を選ぶ条件として、研修医数が少人数制で、一人ひとりに対するきめ細かな指導など、手厚い教育体制の病院を探していました。出身地である高知県の病院もいくつか見学したなかで、鳴門病院は自分の条件に合っていましたし、雰囲気の良さにも大きく惹かれ、当院で研修をしたいと強く思いました。
I初期研修1年目(徳島県出身・徳島大学卒)
僕は地域枠の出身なので徳島県内の指定された病院を何カ所か見学に行ったのですが、当院は研修医の定員が一学年5名と少人数制であり、研修医同士で症例を取り合うようなことはなく、研修プログラムを自由に組むことができること。さらに、実家から車で10分と、交通の便が良く、通いやすいことも選んだポイントです。ちなみに鳴門病院から「徳島阿波踊り空港」までは車で約17分と近く、学会への参加などアクセスがいいことも魅力です。

実際に研修をして感じたこと

自分の時間も確保できる、
忙しすぎないバランスのいい研修環境。
些細なことでも相談しやすく、
自分で考える研修ができます。

実際に研修をして感じたこと
D初期研修1年目(高知県出身・徳島大学卒)
病院見学で感じた雰囲気の良さなど、実際に研修が始まっても印象は変わってないですね。病院全体がアットホームな雰囲気で、上の先生方は、仕事の隙間時間に些細なことでも相談しやすく、研修医にとって仕事のしやすい環境だと感じています。
T初期研修2年目(香川県出身・徳島大学卒)
仕事がしやすいですよね。研修医は毎日とても忙しく大変だというイメージをもっていましたが、実際に研修をしてみて、たくさんの症例を経験しながら忙しさも丁度良い感じで、一日が終わった後にへとへとになるようなことはありません。バランスのいい忙しさというか、すごく働きやすい病院だと感じています。
I初期研修1年目(徳島県出身・徳島大学卒)
当直は週に一回くらいのペースで、毎日大変というようなことはありません。自己学習や復習する時間もありますし、趣味で筋トレをしているのですが毎週週末に欠かさず2回ジムに行けているなど、自分の時間もしっかり確保でき、充実した研修生活を送ることができています。

鳴門病院で研修をする魅力

大学病院での選択研修も可能な自由度の高い研修プログラム。
仕事のしやすさ、働きやすさも魅力です。

鳴門病院で研修をする魅力
D初期研修1年目(高知県出身・徳島大学卒)
一年目は内科、外科、救急科などをローテートしましたが、どの科の先生もきめ細かくフィードバックをしてくださり、「今回こうだったから、次はこうしてみようか」といったように、試行錯誤を繰り返しながら自分で考える研修ができ、次の診療に確実に活かせる学びを得ることができます。それと、研修プログラムは3年目の進路希望に合わせて選択科目を自由に組めたり、どの診療科をいつ回るかなど、研修プログラムの順番も自分の希望通りに組めるのがいいですよね。
I初期研修1年目(徳島県出身・徳島大学卒)
研修プログラムは自由度が高く、さらに徳島大学で研修できることも大きな魅力です。
T初期研修2年目(香川県出身・徳島大学卒)
そうですよね。鳴門病院は徳島大学病院と繋がりがあるため、興味のある診療科を専門的に深く学びたいのであれば、どの診療科でも徳島大学へ研修に行くことができます。それと、現在回っている診療科に関係なく、「内視鏡をしたい」と希望すれば直ぐにさせてもらえたり、臨機応変な研修ができます。急なお願いにも指導医の先生方が柔軟に対応してくださるなど、研修の調整力がすごいですよね。
D初期研修1年目(高知県出身・徳島大学卒)
当直日も自分の希望で決めることができますよね。たとえば次の日は手術だからこの日の当直はやめておこうとか、外来が午後まであるからこの日はやめておこうとか。
T初期研修2年目(香川県出身・徳島大学卒)
当直でいうと、他の病院ではファーストタッチを研修医が診て、その後は別の研修医や上の先生が診たりしますが、当院の当直は上の先生と研修医の2人ペアで診ていくので、ファーストタッチをした後も一人の患者さんを最初から最後まで研修医が一貫して診ることができます。それに、いろんな先生とペアで当直に入るため、医療に対するさまざまな視点や考え方を間近で吸収できることも魅力ですよね。
I初期研修1年目(徳島県出身・徳島大学卒)
研修医数が多いと個々が埋もれがちになりますが、鳴門病院の研修医数は2学年合わせて10人以下なので、指導医の先生方はもちろん、スタッフのみなさんから直ぐに顔を覚えていただき、他の科を回っているときでも声を掛けてくださいます。こうした環境は仕事のしやすさにもつながっていますよね。常に見守ってくださっているので、安心して診療に臨むことができます。

院内の雰囲気や医療環境について

研修医室が完備され、
スタッフのみなさんはとても優しく、
余分なストレスなく研修に集中できる環境です。

院内の雰囲気や医療環境について
T初期研修2年目(香川県出身・徳島大学卒)
当院には2つの研修医室があり、一つは勉強用の部屋で、研修医一人ひとりの専用デスクがあります。もう一つの部屋にはソファー、冷蔵庫、電子レンジが完備されており、研修医同士、気兼ねなくいろいろと話せる場所があります。上の先生方とちょうどいい距離を保ちながら過ごせる環境もいいですよね。
I初期研修1年目(徳島県出身・徳島大学卒)
みなさん優しく、院内の雰囲気も良いので対人関係のストレスもありません。競い合いではなく、同期と協力しながら共に成長できますし、研修も忙しすぎてパンクしてしまうようなことはなく、自分の個性やペースに合わせた研修ができる医療環境です。
D初期研修1年目(高知県出身・徳島大学卒)
研修医同士だけではなく、看護師さんなど他職種のみなさんとも仲が良く明るい雰囲気ですよね。ワーク・ライフ・バランスもちゃんとしていて、オンとオフのメリハリのついた研修生活を送ることができます。

医学生のみなさんへメッセージ

個々に最適な研修が可能で、
誰にとってもおススメの研修病院。
気軽に見学に来ていただき、何でも聞いてください。

医学生のみなさんへメッセージ
D初期研修1年目(高知県出身・徳島大学卒)
鳴門病院は、どんなタイプの方でも馴染むことができる病院であり、一人ひとりの性格や目標に合った研修を実現できる病院です。それと、研修環境だけではなく、引っ越し手当や学会参加のための旅費支給など福利厚生や給与面が充実していることも大きな魅力だと感じています。当院でなら、後悔しない充実した研修生活を送ることができるはずです。
T初期研修2年目(香川県出身・徳島大学卒)
徳島大学での研修など、どの診療科も経験することができるため、3年目以降の進路を決める際にも大いに役立つと思います。研修医数が少ないということもあり、じっくり一つの症例を診たい人に向いていると思いますし、また、どんどん経験したいという人にも対応できるなど、誰にとっても最適な研修ができる環境です。どのような将来を目指す人でも、当院での研修を強くおススメしたいですね。
I初期研修1年目(徳島県出身・徳島大学卒)
実習や病院見学に来られたときは、僕たち研修医と話す機会もたくさんあるので、遠慮なくいろいろと聞いてほしいですね。鳴門病院は研修医として医師人生をスタートする場に相応しい環境だと思っています。少しでも興味のある方はぜひ見学に来てください。研修医一同、みなさんと話せることを楽しみにしています。