TOP > 診療部門紹介 > リハビリテーション部(リンパ浮腫のリハビリテーション)

看護局
外来化学療法室
助産師外来
薬剤部
検査部
放射線部
リハビリテーション部
概要
リハビリテーション部 理念
基本方針
施設基準
リハビリテーション紹介
  脳血管リハビリテーション
  運動器リハビリテーション
  呼吸器リハビリテーション
  心大血管リハビリテーション
  訪問リハビリテーション
  ハンドセラピィ部門
  リンパ浮腫のリハビリテーション
  外来小児言語療法
スタッフ紹介
役割
栄養科
治験相談室
地域医療連携室
医療福祉相談室
糖尿病教室
フットケア外来

リンパ浮腫のリハビリテーション

 子宮癌や乳癌治療など、何らかの原因によりリンパ系の一部に障害が起こり、リンパ液が貯まり手足がむくむ状態をいいます。リンパ浮腫は一旦起こると完治は難しく、一生付き合っていかなければならない病気です。しかし、患者様自身が病態を十分理解し、発症早期に治療することでむくみを減らし、悪化を防ぐことができます。

 

乳がん、子宮癌術後など四肢のリンパ浮腫を発症した方。

 

  1. スキンケア
    治療開始前に皮膚の状態を確認し(スキンチェック)、日常的な皮膚の保湿やケア(スキンケア)をすることをいいます。患部のケアと方法を指導します。
     
  2. 用手的リンパドレナージ
    貯まったリンパ液を健康なリンパ管系に適切に誘導し、徐々にむくみを緩和させる方法をいいます。手を用いたゆっくりとした柔らかいマッサージ方法が中心となります。

    半円を描くように優しく動かしてリンパ液の流れを促します。

  3. 圧迫療法
    用手的リンパドレナージにより改善された皮膚の柔らかさや良好な状態を維持・改善するために、リンパ浮腫専用の弾性ストッキング・弾性スリーブで圧迫します。高度の浮腫の人には専用の弾性包帯(バンデージ)を巻いて圧迫します。

  4. 運動療法
    リンパ液の流れを促進するために患部を中心とした運動の実施、または運動指導を行います。
     
  5. 日常生活指導
    日常生活での注意点についてパンフレットを用いて説明します。

 

圧迫に必要な弾性着衣・弾性包帯は保険適応で購入できます