TOP > 診療部門紹介 > リハビリテーション部(ハンドセラピィ部門)

看護局
外来化学療法室
助産師外来
薬剤部
検査部
放射線部
リハビリテーション部
概要
リハビリテーション部 理念
基本方針
施設基準
リハビリテーション紹介
  脳血管リハビリテーション
  運動器リハビリテーション
  呼吸器リハビリテーション
  心大血管リハビリテーション
  訪問リハビリテーション
  ハンドセラピィ部門
  リンパ浮腫のリハビリテーション
  外来小児言語療法
スタッフ紹介
役割

 

栄養科
治験相談室
地域医療連携室
医療福祉相談室
糖尿病教室
フットケア外来

ハンドセラピィ部門

 ハンドセラピィとは、外傷によって損傷された手の機能の回復を目指すとともに「生活する手(Useful hand)」としての能力を獲得することにあります。当院整形外科には県下唯一の『手の外科センター』があり、ハンドセラピィ部門では、作業療法士が肩から手指における外傷に対して術後早期より専門的なリハビリテーションを行っています。

 

手根管症候群 ドケルバン病
ばね指 マレット指
肘部管症候群 橈骨遠位端骨折
屈筋腱損傷 伸筋腱損傷
切断指再接着 母指CM関節症
デュプイトレン拘縮 上腕骨遠位端骨折
関節リウマチ 母指MP関節靭帯損傷
  など

 

運動療法
 作業療法士が、関節可動域訓練や筋力強化訓練を行い、外傷後や術後の関節拘縮(関節が固くなる)や筋力低下によって動きが悪くなった関節が動きやすくなるよう援助します。また患者さんが自宅で行える運動を指導し、実際の生活において使える手の獲得を目指します。

<運動療法の例>


肩の運動の指導場面です

指の関節の運動場面です
スプリント療法
 術後の固定や運動制限の解除のため、特殊な素材を使用し、医師の処方の下、作業療法士がその場で患者さんに最適なスプリントを作製します。

<スプリント作製風景>

<スプリントの例>


指を伸ばす腱が切れた方のスプリントです
ゴムの力で指を伸ばすのを助けます

親指の関節炎の安静を保つスプリントです

指の関節が曲がりにくい方のスプリントです

 

 定期的に勉強会を開き、県内の病院の作業療法士・理学療法士と知識・技術の共有化を図ることで、1人でも多くの患者様に還元できるように努力しています。(下の画像は勉強会の風景です。)