TOP > 診療部門紹介 > リハビリテーション部(心大血管リハビリテーション)

看護局
外来化学療法室
助産師外来
薬剤部
検査部
放射線部
リハビリテーション部
概要
リハビリテーション部 理念
基本方針
施設基準
リハビリテーション紹介
  脳血管リハビリテーション
  運動器リハビリテーション
  呼吸器リハビリテーション
  心大血管リハビリテーション
  訪問リハビリテーション
  ハンドセラピィ部門
  リンパ浮腫のリハビリテーション
  外来小児言語療法
スタッフ紹介
役割
栄養科
治験相談室
地域医療連携室
医療福祉相談室
糖尿病教室
フットケア外来

心大血管リハビリテーション

心大血管リハビリテーションの対象者

急性心筋梗塞、狭心症、開心術後、大血管疾患(大動脈解離、解離性大動脈瘤、大血管術後)
慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患

 

包括的心臓リハビリテーションとは
 医学的評価、運動処方、冠危険因子の是正、教育およびカウンセリングからなり、長期にわたって行われる包括的プログラムであります。またリハビリテーションによって個々の患者様の心疾患に基づく身体的・精神的影響を軽減し、突然死や再梗塞のリスクを減らし、症状を調整し、動脈硬化の進展を抑制し、心理社会的・職業的状況を改善することを目的としています。具体的には、運動療法、食事指導、禁煙指導、冠危険因子の管理・教育、精神・心理的カウンセリング、社会的カウンセリングを導入し総合的包括的な介入を行うことです。
心臓リハビリテーションの効果は?
  1. 心肺機能がよくなり、体力がつきます。
  2. 筋肉や骨が鍛えられ、老化を防ぎます。
  3. 症状を改善します。
  4. 冠動脈の再狭窄を予防し、心筋梗塞の再発を減らします。
  5. 血中脂質レベルを改善し動脈硬化の進展を妨げ、冠危険因子を是正します。
  6. 精神的満足度が向上し、ストレスが減少します。
  7. 死亡率が減少します。
急性期(入院期)心リハ
 安全に早期に家庭復帰できることを目標に心臓リハビリテーショを行っています。PTによる運動療法のほか、看護師による生活指導、薬剤師による服薬指導、栄養士による食事指導、臨床検査技師による循環器検査の説明などを行っています。また多職種によるカンファレンスを行っています。

病棟心リハ

回復期(外来)心リハ
 運動耐容能の改善や冠危険因子の是正を目的に外来心臓リハビリテーションを行っています。内用は、メディカルチェックを行った後、ストレッチング・レジスタンストレーニング・エアロバイクまたはトレッドミルを約1時間行っています。また医師による病気の説明、看護師による生活指導、薬剤師による服薬指導、栄養士による食事指導、臨床検査技師による循環器検査の説明などを行っています。

心肺運動負荷試験