TOP > 診療部門紹介 > リハビリテーション部(脳血管リハビリテーション)

看護局
外来化学療法室
助産師外来
薬剤部
検査部
放射線部
リハビリテーション部
概要
リハビリテーション部 理念
基本方針
施設基準
リハビリテーション紹介
  脳血管リハビリテーション
  運動器リハビリテーション
  呼吸器リハビリテーション
  心大血管リハビリテーション
  訪問リハビリテーション
  ハンドセラピィ部門
  リンパ浮腫のリハビリテーション
  外来小児言語療法
スタッフ紹介
役割
栄養科
治験相談室
地域医療連携室
医療福祉相談室
糖尿病教室
フットケア外来

脳血管リハビリテーション

 脳血管リハビリでは脳梗塞、脳出血などを中心とする脳血管障害の患者さま、又は臥床に伴う廃用症候群を有する患者さまに対して機能訓練、ADL訓練、高次脳機能訓練、嚥下訓練、言語訓練などの訓練をPT,OT,STで行っております。

 急性期からのリハビリは、脳外科の治療や看護と併行して行う事で、廃用性症候群(使わない事で起こる二次的合併症:筋力低下・関節拘縮・体力低下・意欲低下など)を防ぐ事ができます。
また、今後の生活に必要な日常生活の行為動作、つまり坐る、食べる、排泄する、移動する等の方法を早く覚える事ができます。その結果、日常生活行為の自立が早まる、自宅復帰までの期間が短くなる等の効果を挙げています。

 

脳血管疾患等リハビリテーションの対象者

  1. 脳梗塞,脳出血,くも膜下出血その他の急性発症した脳血管疾患又はその手術後の患者
  2. 脳腫瘍,脳膿瘍,脊髄腫瘍,脊髄腫瘍その他の急性発症した中枢神経疾患又はその手術後の患者
  3. 多発性神経炎,多発性硬化症,末梢神経障害その他の神経疾患の患者
  4. パーキンソン病,脊髄小脳変性症,その他の慢性の神経筋疾患の患者
  5. 失語症,失認,失行症,高次脳機能障害の患者
  6. 難聴や人口内耳埋込術等に伴う聴覚・言語機能の障害を有する患者
  7. 顎・口腔の先天異常に伴う構音障害を有する患者
  8. 外科手術又は肺炎等の治療時の安静による廃用症候群その他のリハビリテーションを要する状態の患者であって,一定以上の基本動作能力,応用動作能力,言語聴覚能力の低下及び日常生活動作能力の低下を来している患者
理学療法部門
 理学療法では、主に起居移動動作(起き上がり、立ち上がり、歩行)障害に対して訓練を行なっています。日常生活における自立動作を増やし、活動は範囲の拡大を支援しています。

作業療法部門
 作業療法では、日常生活(食事・服の着がえ・トイレ等)の自立と上肢巧緻性の改善を目標に身体機能面のリハビリを行っております。また記憶力をはじめとする知的な精神機能の評価、また高次脳機能障害の評価・訓練を特徴としています。

言語療法部門
 言語療法では、言語障害や嚥下障害に対する検査・評価・効果的な練習方法についての助言などをおこない、円滑なコミュニケーションがとれるよう、また安全に食事ができるよう支援していきます。特に嚥下障害に対しては、院内で摂食・嚥下チームを立ち上げ、嚥下造影を行い、客観的な評価に基づいた治療を行っています。