TOP > 診療部門紹介 > 検査部 > 一般検査

看護局
外来化学療法室
助産師外来
薬剤部
検査部
検査部理念
各検査部門紹介
  血液検査
  生化学・免疫検査
  一般検査
  生理機能検査
  輸血検査
  病理・細胞診検査
  微生物検査
精度管理
放射線部
リハビリテーション部
栄養科
治験相談室
地域医療連携室
医療福祉相談室
糖尿病教室
フットケア外来

一般検査

 一般検査では、主に尿・便という材料(検体)を調べています。
 特に、尿は体の状態を広く反映し、かつ痛みを伴わずに採取でき、繰り返し何度も行なえるという利点を備えています。
 日常検査で重要とされ、スクリーニング検査として役立っているのです。でも、それだけでなく、精液などの特殊な材料でも検査をしています。

 


 
全自動尿分析装置
  • 処理能力
    最大225検体/1時間
  • 試験紙法を用いて、尿定性10項目(PH、蛋白、糖、ケトン体、ビリルビン、ウロビリノーゲン、潜血反応、亜硝酸塩、白血球)と比重に加え、色調判定・濁度測定・異常発色検知の3機能により、総合的な判断ができます

全自動尿中有形成分分析装置
  • 処理能力
    最大約100検体/1時間
  • 血球、白血球、上皮細胞、円柱、細菌を定量項目として、赤色半導体レーザを使用したフローサイトメトリ法によって測定します。
    また、結晶や酵母様真菌などが尿中にみられたときは情報として表示されます。

便潜血分析装置
  • 処理能力
    最大250検体/1時間
  • 金コロイド比色法により、検体抽出液(便からの)のヒトヘモグロビン濃度を測定します。

 

尿定性検査

 定性検査では、主に先ほど紹介した機器で測定しています。
潜血反応陽性で、かつ蛋白が多く出ていれば、腎・尿路,泌尿器系からの出血などを疑ったり、白血球が著しく増えているときには、細菌感染が疑われたりなど、体の状態によって尿の成分が変化するのを調べる検査です。
 一般的な定性検査のほかにも、女性ホルモンである黄体形成ホルモンや、受精・着床後に分泌されるゴナドトロピンなどが、尿中にでているかどうか調べたりします。

S.G:比重

 尿中に溶けている物質の濃度を示します。これがおかしい時は腎臓の濃縮・希釈機能の低下が疑われます。また、水分摂取量でも変化がみられます。 

PH

 尿の酸性度のことです。酸性あるいはアルカリ性の尿が長時間続くと病気かもしれません。食事や運動によっても変化します。

GLU:糖

 主に糖尿病を知るための項目です。高いときは食べ過ぎ、太りすぎ、運動不足に注意が必要です。

PRO:蛋白

 腎臓の働きが低下すると、蛋白質が尿中に出てきます。健康な人はほとんどでないので、これが出ると腎臓が弱っているかも。

ビリルビン・ウロビリノーゲン

 ビリルビンはヘモグロビンの最終産物、ウロビリノーゲンはビリルビンが変化したものです。どちらも肝臓の異常を示します。

NIT:亜硝酸塩

 尿中に細菌がいると、尿成分の硝酸塩が、還元されて亜硝酸塩になります。これを調べると、尿路感染などの危険がわかります。

BLD:潜血

 これが出ると、いわゆる血尿の始まりです。肉眼で見えなくても赤血球やヘモグロビンが含まれています。腎臓や尿管、膀胱などの異常の可能性があります。

KET:ケトン体

 ブドウ糖が体内で十分活用されないときに脂肪が消費されてケトン体ができます。健康な人ではほとんどでません。

LEU:白血球

 健康な人でも尿中にごく微量でてきますが、多すぎると亜硝酸塩と同じく尿路感染症の疑いがあります。

尿沈さ検査

  尿中の有形成分を先ほど紹介した機器で測定するほかに、実際顕微鏡を使い、人の目で観察したりします。これらの成分を質的・量的に観察することで、腎・尿路系疾患の病態、ときに全身性の系統的疾患の補助診断などに役立てます。

目視
  鏡検中。。。
糞便検査
 便に血液が混入しているかどうかを調べる潜血反応、寄生虫の卵を調べる虫卵検査があります。便に含まれる血液を検出することにより、消化管などの出血の有無がわかります。
精液検査
 精液では、量・PH・精子数・運動率・奇形率を調べることにより、精液中の精子の能力がわかります。

 

 迅速かつ正確にデータを提供できるよう、日々心掛けています。