TOP > 診療部門紹介 > 眼科

内科
循環器内科
小児科
外科
整形外科/手の外科センター
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
特色
医師紹介
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
形成外科
一般的眼科診療
検査
 

 白内障、緑内障、眼底疾患、眼窩疾患、未熟児網膜症などの検査、屈折、矯正、視野、色覚(アノマロスコープ・パネルD−15)、斜視弱視検査

治療
 
  1. 保存療法(点眼、内服、眼注などのよる治療、ポツリヌス毒素による眼瞼痙攣治療)
  2. 手術療法(全身麻酔による手術可能)
    アルゴンレーザー、YAGレーザー光凝固、超音波白内障手術・人工レンズ挿入手術(希望により外来手術・入院手術可)、一部緑内障手術、外眼部疾患に対する小手術(麦粒腫・霰粒腫・眼瞼内反・睫毛乱生など)外傷に対する緊急手術
  3. 小児の全身麻酔による斜視手術 ・眼瞼手術
  4. 視能訓練士による、視能訓練 ・弱視訓練
人間ドックにおける眼科的検査(視力・眼底・眼圧検査)
眼科検診及びドックにおける2次検査・3歳児2次検査
大学講師による斜視弱視外来
第1木曜日の午後

 

眼科医師 大村 和正
【資格等】
 日本眼科学会 専門医
 徳島県認定学校医
【所属学会】
 日本眼科学会
 Japanese Ophthalmological Society
【自己PR】
 常に優しい診療を目指します。