TOP > 診療部門紹介 > 脳神経外科

内科
循環器内科
小児科
外科
整形外科/手の外科センター
脳神経外科
特色
医師紹介
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
形成外科

 パーキンソン病に対する新しい外科治療(淡蒼球手術、視床下核電気刺激)を精力的に行っており、良好な治療成績を上げている。難治性の頑固な痛み(ヘルペス後など)に対する電気刺激法(PISCES)や三叉神経痛、顔面けいれんなどに対する神経減荷術などの機能的脳神経外科。脳ドックにおける脳血管疾患の早期発見、一次予防に力を入れている。

疾患別治療
 脳血管疾患では、脳動脈瘤、脳内出血に対する手術、脳梗塞に対する急性期血栓溶解療法、血栓内膜除去術、血管吻合術などの外科的治療以外に血小板凝集能測定のもと抗血小板療法を積極的に行っている。
 機能的脳神経外科領域では、パーキンソン病に対する新しい定位脳手術、顔面けいれん、三叉神経痛などの手術をはじめ、難治性のヘルペス後の痛み等に対する脊髄硬膜外電気刺激治療(PISCES)を行っている。
脳腫瘍に対して開頭術による摘出術のみでなく、インフォームド・コンセントのもとガンマナイフ施設との共同治療も積極的に行っている。
医療設備
 CT,MRI,DSA(脳血管撮影装置),SPECT(脳血流装置)
     
外来診療
 阿川部長は月、金を担当
 大畠医長は火,木を担当
 脳ドックは健康管理センターでの予約制

 

副院長  阿川 昌仁
【資格等】
 日本脳神経外科学会認定医
 日本脳卒中学会専門医
 医学博士
 日本脳神経超音波学会評議員
 徳島大学臨床教授
【所属学会】
 日本脳神経外科学会
 日本脳神経超音波学会
 日本脳卒中学会
 日本脳卒中の外科学会
 日本脳ドック学会
 日本脳神経外科コングレス
【自己PR】
 頚動脈病変、脳動脈瘤、脳腫瘍、頭部外傷、パーキンソン病など脳疾患全般の手術に携わっております。
脳神経外科部長  大畠 義憲
【資格等】
 日本脳神経外科学会専門医
【所属学会】
 日本脳神経外科学会
 日本脳神経外科コングレス 等
【自己PR】
 脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、機能的脳神経外科等全般にわたって手術を行っています。