TOP > 診療部門紹介 > 中央放射線部(CT検査)

看護局
外来化学療法室
助産師外来
薬剤部
検査部
放射線部
理念
検査項目
  CT検査
  MRI検査
  血管造影撮影検査
  RI検査
  デジタルマンモグラフィ
  リニアック
リハビリテーション部
栄養科
治験相談室
地域医療連携室
医療福祉相談室
糖尿病教室
フットケア外来

CT検査

最新鋭320列CT装置のご案内
320列Area Detector CTにアップグレードしました

320列マルチスライスCT装置はエリアディテクターCT装置と言われております。
0.5mm×320列=16cmを一度に撮影できるパフォーマンスを持った装置だからです。
この撮影範囲:16cmを使用すれば、頭部や心臓をはじめ、臓器でも1回転の撮影で検査を終えてしまいます。心臓検査は175msecの分解能で、頭部ではダイナミック検査で虚血部位を、さらに臓器では血管の造成・生成を確認して治療方法をそれぞれ確認すことが可能になります。勿論、被曝も少ない検査ですので、小児や高齢者をはじめ、息止め出来ない患者様などすべての患者さまにとって大変有用な検査を実現します。

撮影範囲の違い
導入したマルチスライスCT
(320列)
マルチスライスCT
(64列)
320列の特徴
  1. 0.5mm幅で320列を要する16cmの範囲では心臓や脳全体および各臓器で0.35秒で撮影が可能です。心臓のような動く臓器の場合でも超高速に撮影しているため、ゆがみやひずみが生じません。
  2. 撮影時間が短縮できるため、造影剤の使用量を低減できます。
  3. 心臓検査では今までの64列マルチスライスCTに比べ、被ばく線量が1/3〜1/5程度に低減が可能です。
  4. 16cmの撮影範囲を何度も繰り返し撮影することで、今までのCT装置にある形態診断にプラスして、臓器全体の機能診断が可能になります。

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得