TOP > 診療部門紹介 > 中央放射線部(MRI検査)

看護局
外来化学療法室
助産師外来
薬剤部
検査部
放射線部
理念
検査項目
  CT検査
  MRI検査
  血管造影撮影検査
  RI検査
  デジタルマンモグラフィ
  リニアック
リハビリテーション部
栄養科
治験相談室
地域医療連携室
医療福祉相談室
糖尿病教室
フットケア外来

MRI検査

地方独立行政法人徳島県鳴門病院は、
最新型3T MRI装置「MAGNETOM Skyra」を導入

導入におけるメリット

検査環境の面
 装置は70cmのワイドな空間を有していますので、閉所が苦手な方でも安心して検査を受けやすい環境となりました。その安心感や快適性により体動や鎮静の減少への期待や、重傷や肥満、脊柱後湾など特殊なニーズを抱える患者さまへの対応など、MR検査の可能性を大きく拡げることができるようになりました。
 また、従来のMRIは局所の検査しかできませんでしたが、必要に応じて最大では全身検査も可能になりましたので、 より病気の診断に役に立ちます。
3TのSNRを生かした検査
 3.0Tの高磁場を利用することにより、より高分解能で高コントラストな画像を提供できるようになりました。
  • 頭部領域では、脳血管の描出能力は大幅に向上しますので、小さな動脈瘤や走行異常などの血管病変の診断能が上がります。また、短時間で高分解能な3D撮像が可能になります。

  • 腹部の息止め撮影でも、短時間に、薄い3Dスライスを取得できるようになります。そのため従来よりも微細な病変を見つけることが可能になりました。また、Diffusion(拡散強調画像)による、造影剤を使用しない、腫瘍の指摘率もさらに上がります。

  • 乳腺領域
    乳腺MRI検査は乳がんの診断に有用であることが近年認知されています。特に、造影剤を用いるDynamic撮影による乳がんの描出能は他の検査法と比べても優位性が高くこの場合も、3Tにより緻密な撮影が可能になっています。

  • 整形外科領域
    肩関節、膝関節の専用コイル、手指などで使用する局所超高分解能コイルなどを用いることでさらなる受信効率が得られ3.0T能力を生かした、今までにない高分解能撮影を行うことができます。また、それらのコイルを組み合わせることで撮影部位を限定せず、様々な部位で高分解能画像を提供できます。

非造影の下肢動脈

膝関節

腕神経叢

当院では、超伝導のMRI装置(1.5テスラ)を設置しております。

この検査はX線を使わずに、磁場と電波を使って体の中を見る画像診断装置です。
高い診断能を持つ鮮明な画像は、腫瘍等の早期発見や脳ドックに威力を発揮します。
造影剤を用いずに脳血管撮影(アンギオ)等ができるので、苦痛なく検査が受けられます。
また、静音化技術Pianissimo機構により、世界一の静かさを実現、患者さまへのやさしさを追求しています。

 

MRA画像(ボランティア)

MRI検査ではさまざまな撮影法がありますが、そのうちの1つに血管を描出する撮影法があります(MRA)。腹部領域の血管撮影は、従来は造影剤を用いて撮影することが一般的でしたが、最近では造影剤を用いることなく血管を描出することも可能となってきています。(非造影MRA)

  1. 腎動脈(非造影でも細かな分枝血管まで観察することが可能です)
  2. 門脈(造影剤を用いると動脈・静脈・門脈が重なってしまいますが、非造影MRAでは門脈のみを選択的に撮影することにより、門脈がより観察されやすくなります)
  3. 門脈(上腸管膜静脈由来の血流のみを描出)
  4. 門脈(脾静脈由来の血流のみを描出)
  5. 両下肢(動脈)
  6. 両下肢(静脈)
1 2
3 4
5 6