TOP > 診療部門紹介 > 中央放射線部(血管造影撮影検査)

看護局
外来化学療法室
助産師外来
薬剤部
検査部
放射線部
理念
検査項目
  CT検査
  MRI検査
  血管造影撮影検査
  RI検査
  デジタルマンモグラフィ
  リニアック
リハビリテーション部
栄養科
治験相談室
地域医療連携室
医療福祉相談室
糖尿病教室
フットケア外来

血管造影撮影検査

血管造影撮影装置
 当院では、最新の血管造影撮影装置を導入し、頭部や腹部、四肢の血管に細い管を入れて血管を映し出すカテーテル検査や血管内治療を行っております。
この装置を用いたカテーテル検査によって、頭部動脈瘤の位置を確認したり、四肢の血管の詰まっている位置、腹部の病巣へ栄養を与えている血管を探したりすることが可能です。
また、血管内治療においては、狭くなった血管を広げたり、病巣に栄養を与えている血管を塞いだり、病巣までカテーテルを進めて直接薬を注入したりすることが可能となります。


XperCT

当院では徳島県で初めて、従来の血管造影撮影装置では難しかった回転撮影による軟部組織の描出ができるようになりました。

FPD搭載型バイプレーン心臓血管撮影装置
最先端の血管撮影装置で、全身の血管の精密検査と治療が受けられます。

自動化技術を駆使し短時間で高精度の検査が行えます。
当院の心臓カテーテル室には、最新型の血管撮影装置が設置されています。
この装置は、従来の血管撮影装置よりも少ないX線で鮮明な撮影が行え、心臓血管から下肢血管撮影まで、一度に広範囲の検査が可能となります。また、2方向同時撮影(バイプレーン撮影)により、短時間で高精度の検査・治療が実現されました。患者様には不安感と苦痛を与えず安全で効率的な検査を行うことが出来ます。詳しい検査内容は、医師へお気軽にお尋ねください。