TOP > 診療部門紹介 > フットケア外来

看護局
外来化学療法室
助産師外来
薬剤部
検査部
放射線部
リハビリテーション部
栄養科
治験相談室
地域医療連携室
医療福祉相談室
糖尿病教室
フットケア外来
フットケア外来とは?
場所・時間

 当院は、平成20年6月より、糖尿病患者さんの足のケアを行うために、フットケア外来を開設いたしました。

 フットケアとは、糖尿病足病変から下肢切断に至らないようにすることを目的とした保険診療です。日本では、下肢を切断される糖尿病患者さんが年間3000人以上に及ぶと言われ、糖尿病人口と共に現在も増加していると考えられます。このような現状から、糖尿病三大合併症の腎症、網膜症、神経障害に加え、足病変が重要視されています。下肢切断を必要とする糖尿病性壊疽という病気は、元を辿れば、魚の目、深爪、水虫、靴擦れや熱傷などの日常生活の中で起こる小さな足病変から始まることがほとんどであり、特別な状況下でなるのではありません。そのため足病変、下肢切断を防ぐためには、糖尿病患者さん自身が、自分の足に興味を持ち、足にどのようなケアを行えば良いのかを知り、適切に予防することが重要です。

 フットケア外来では、患者さんとともに日常生活の中で、自分でできる適切なケアを考え、見つけ、続けていくことで、足病変の予防ができるように支援をさせていただいています。糖尿病治療のために当院に通院されており、神経障害または血流障害がある方が対象となります。ご希望がございましたら内科外来受付にお声かけください。

場所
6階フットケア外来
個別対応にてリラックスできる環境を準備しております。

時間
毎週月曜日 13時〜15時まで(事前予約必要)
スタッフ
糖尿病足病変の指導に係る適切な研修を受けた看護師が担当します。
(糖尿病看護認定看護師、日本糖尿病療養指導士)